産業用PCの
トータルソリューション

ネットワークスイッチのサポートのご案内

Edgecore Networks社製品について

サポートご利用案内

HPCシステムズより販売しますEdgecore Networks社製品(以下 Edgecore製品)は、3年間のハードウェア保証があり、その期間の故障に関しては無償でセンドバック保守対応いたします。

また、弊社ではご購入いただいた後でも、お客様に末永くお使いいただける様、保守サービスをご提供しております。修理を依頼される前には『保守を依頼される場合の注意点』をご確認ください。

但し、『保守サービスで除外される業務』に該当する場合は、保証対象外となり、有償での対応または対応いたしかねる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

Edgecoreの Datacenter switchのWarranty policyにつきましては、以下のページをご確認ください。

http://www.edge-core.com/Warranty.asp

また、Network OSをバンドル出荷した場合には、以下Network OS各社のsupport条件等をご確認ください。

保守ご依頼時に必要な情報

円滑なサポートおよび保守サービスをご提供させていただくために、お問い合わせの前に以下の【項目】の確認をお願いいたします。

  • お客様のご連絡先(住所・電話番号・メールアドレス等)
  • 製品の製造番号(シリアルナンバー)
  • 製品名
  • 障害(不具合)内容
  • 障害発生時期、頻度、再現性の有無
  • 搭載OS名やversion情報その他、特記事項、エラーログ、返却先が異なる場合の住所など

有償での技術サポート

以下の内容に関しては、有償でサポートをさせていただきます。

  • OSインストール検証
  • 拡張・増設・アップグレード
  • 設置・調整
  • その他ご相談ください

保守サービスで除外される業務

  • システム製品の設置、移転及び撤去に関する作業並びにその立ち会い。※こちらは、別途有償でのサービスとなっております。
  • ソフトウェアのアップデート作業。※こちらは、別途有償でのサービスとなっております。
  • 天災地変等により生じた故障及び損傷の保守作業。
  • 消耗品に対する保守作業。
  • システム製品のメーカー認定外のパーツ・デバイス、付属品、消耗品等を使用したため、又はシステム製品の付属品及び消耗品等の保管不備のために生じた故障の保守作業。
  • お客様の不適切な製品の使用、または取扱いにより生じた故障の保守作業。
  • 弊社及び弊社の認めた作業者以外の第三者による作業に起因する故障及び損傷の保守作業。
  • システム製品の改造。
  • システム製品の製造メーカーの指定する設置条件等に反したことにより生じた故障の保守作業。
  • システム製品のソフトウェア環境をお客様が変更されたため、システム製品が動作しなくなった場合の保守作業。
  • 弊社のオンラインサポートが、異常原因の特定が困難と判断した場合、及びオンサイト保守サービスによる保守が不可能と判断した場合。
  • 異常原因特定のための検証作業。
  • ハードウェアの不具合や保守作業およびその内容によって発生したデータやソフトウェアの障害・環境の復旧作業。
  • 確保した保守パーツがなくなり、同等以上の代替品の入手も困難となった場合の保守作業。
  • クラッキング等により被害を受けた製品の保守作業。
  • オープンソースアプリケーション、およびソフトウェアベンダーに起因する障害対応

保守を依頼される場合の注意点

保守をご依頼される際には、以下の事柄についてご注意ください。

  • 保守をご依頼いただく前(製品をお送りいただく前)に、オンラインサポートへお問合せいただくことをお勧めいたします。製品をお送りいただく必要があるか否かを判断すると共に、保守サービスセンターにおける保守作業が必要と判断された場合でも、円滑に保守作業を進めることが可能になります。
  • 製品をお送りいただく前に、オンラインサポートセンターまでご連絡ください。ご連絡が無い場合、製品の受け取りや保守作業の実施に支障をきたす場合がございますので、ご注意ください。
  • 記載されている項目を書面またはメールにてお送りください。必要事項が未記入の場合、保守作業が円滑に行えない場合がございますので、ご注意ください。
  • システム製品の一部のパーツ(電源やFANなど)を、お客様が取り外して送付する場合でも、必要な情報をお知らせください。
  • システム製品をご返送頂く際は、ご購入時の箱をご使用ください。箱が無い場合は弊社保守サービスセンターまでご相談ください。有料にて販売しております。
  • 製品の異常によって失われたデータの保証はいたしません。また、データの復旧作業はいたしません。大事なデータを失わないために、日々のデータのバックアップをお勧めいたします。
  • 保守を依頼される前に、必ずデータのバックアップをお願いします。ハードディスクドライブの交換をはじめ、保守作業の課程でコンピュータ内のデータが失われる場合があります。弊社では保守作業により失われたデータの保証はいたしません。
  • 保守作業によって失われた、お客様固有のソフトウェア環境(OS・アプリケーションなど)やハードウェア環境の復元はいたしかねます。復元のためのインストール作業などはお客様個人の責任においておこなってください。※弊社設定のアプリケーションの復旧に関しては、有償にて対応いたします。
  • ご利用されているOSのログオンなどにパスワードを設定されている場合は、「保守サービス対応用紙」にパスワードを明記してください。常用しているパスワードを知られたくない場合、保守を依頼される前に暫定的なパスワードに変更しておくことをお勧めいたします。
  • 生産終了などの理由により、交換パーツの入手が困難な場合、同等以上の仕様を有する代替品を準備させていただく場合がございます。この場合、お客様固有のソフトウェア環境やハードウェア環境における動作を保証するものではありません。

お客様固有の環境の例

  1. 1. 弊社出荷時にOSがインストールされたシステム製品で、インストールされたOS以外のOSを動作させている。
  2. 2. 固有のハードウェア・ソフトウェアに依存するアプリケーションを動作させている。
  3. 3. 該当システム製品に用意されているオプション以外のハードウェアを動作させている。
  4. 4. 弊社のシステム製品に、特殊なデバイスを組み込み、ドライバを開発し、動作させている。
    1. 1. OSなしで購入されたシステムにおけるOSのサポート・保証は、OSベンダにお問合せください。
    2. 2. 弊社で購入されたDSP版以外のOS(パッケージ版)のサポート・保証は、OSベンダにお問合せください。
    3. 3. アプリケーションのサポート・保証は、アプリケーションを開発・販売しているベンダにお問合せください。
    4. 4. 弊社設定のアプリケーションでお客様の専門的な技術分野にまたがる内容につきましては、開発元及び販売ベンダにお問い合わせください。
    5. 5. オープンソースアプリケーションに関して、弊社は一切の責任を負いかねます。

保証に関する詳細は製品に添付の弊社保証書の裏面をご参照ください。

動作保証についてのご案内

基本条件

  • 弊社にて評価をおこなっていない製品、及び他社製品の動作保証はいたしません。
  • 弊社製品に添付されていないアプリケーション・ソフトウェアに関する動作保証はいたしません。
  • 誤って動作中にリセットボタンを押したり、電源スイッチを押してしまった場合の機器の破損等の保証はいたしません。
  • ハードディスク等の記憶媒体に保存されているデータの保証はいたしません。
  • CMOSバッテリーが寿命になるとCMOSの内容が失われます。このような症状が発生した場合は、弊社オンラインサポートまでご連絡ください。
  • ケースを開ける場合や、コンピュータの移動の際は、必ず電源を切りコンセントを抜いてから実施してください。
  • 製品仕様に記載されているスペックは論理上の最高値となります。実際のパフォーマンスに関しては、ご使用環境やソフトウェアによって異なります。
  • 周辺機器やOS等の動作検証は有料にて実施いたします。詳しくは弊社営業部までご連絡ください。

基本保証範囲

弊社のシステムは、弊社品質保証規格にのっとり以下の仕様にて製造されておりますので、下記条件の範囲内でのご利用をお願いいたします。

電気的仕様
定格入力電圧 AC100V-240V ± 10%
定格周波数 50/60Hz ± 1Hz
動作環境条件
温度 0℃ ~ 45℃
湿度 5% ~ 95% (結露なきこと)
保管環境条件 
温度  -40℃ ~ 70℃
湿度  5%~80%(結露なきこと)

電気用品安全法(PSE法)

2006年10月時点で弊社の製品 ( クラスター / サーバー / ワークステーション / PC ) 及び機械に添付されている脱着可能な電源コードセットは専用ケーブルのため電気用品安全法の対象外です。 当電源コードセットを同梱した電源機器以外の電気機器では使用できませんので、ご了承ください。



設置場所

本体を設置する場合、設置環境として以下の点を考慮してください。

■ 通気口を塞がないでください

システムには数箇所の通気口が用意しています。システム内部で発熱した熱を外部へ出すための通気口を塞ぐように設置してしまうと、システムに悪影響をあたえ故障につながる恐れがあります。通気口から5cm以内はものを置かないようにしてください。

■ 適切な温度環境を提供してください

機器は0℃から45℃の温度環境下での使用を想定して設計開発されています。範囲外の環境や、急激な温度変化の発生する場所でのご利用は保証外となりますのでご注意ください。

■ 湿度・ほこりなどに注意してください

直射日光の当たる場所や高温多湿となる場所への設置はやめてください。また、ほこりの多い箇所では、システム内部にほこりが入り故障の原因となることがあります。

■ 直射日光の当たる場所や高温多湿となる場所への設置はやめてください

直射日光の当たる場所や高温多湿となる場所への設置はやめてください。また、ほこりの多い箇所では、システム内部にほこりが入り故障の原因となることがあります。

■ ほこりの多い場所でのご利用もお控えください

本体の上に重い物を載せないでくださいシステムの上に重いものを載せると、重圧による故障の原因となることがあります。

センドバック保守

センドバック保守サービスとは、ご購入いただいた製品に障害(不具合)が発生した場合、製品を弊社保守サービスセンターへご返送いただき、専門エンジニアにより不具合箇所を特定し、正確な修理を行うサービスのことです。

お問い合わせ

センドバック保守を必要とする製品のお送り先
■保守サービスセンター

〒289-3181 千葉県匝瑳市野手174-1
HPCシステムズ株式会社 保守サービスセンター
TEL:0479-67-1101(宅配伝票記入用) FAX:0479-67-5801

※1:電話番号は、製品をお送りいただく際の宅配伝票記入用です。保守(修理)に関するお問い合わせ窓口ではありません。保守(修理)についてのお問い合わせは、弊社オンラインサポートまでご連絡ください。

※2:製品をお送りいただく前に、『保守を依頼される場合の注意点』をお読みください。

※3:梱包材を紛失されてしまった場合、梱包材のみ販売しております。オンラインサポートまでお問合わせください。

保守(修理)に関するお問い合わせ先
■オンラインサポート

月曜日~金曜日 9:30~17:30
※12:00~13:00の時間帯は除きます。
※土曜日、日曜日、祝日、年末年始は、休日とさせていただきます。

メール:hpcs_support@hpc.co.jp TEL:03-5446-5536 FAX:03-5446-5550(24時間受付)



センドバック保守サービスの流れ

1.製品に異常が発生

修理依頼の場合は、サポート: hpcs_support@hpc.co.jp宛て「マシン修理依頼」のタイトルで以下の情報を記入してメールまたはFAXで申し込みをお願いします。また、データのバックアップが必要な場合はマシンを送付前にお客様の方で実施くださるようにお願いいたします。

  • お客様のご連絡先(住所・電話番号・メールアドレス等) 
    (内線番号等、必ず直接ご連絡が着く番号をご記入ください。製品購入時と所属が変わられた場合等、住所変更があった場合はその旨、ご指示ください。)
  • 製品の製造番号(シリアルナンバー)
  • ホスト名 
    (ホスト名をご記入ください。複数のネットワークインターフェース名を持つ場合、各インターフェース毎のホスト名とインターフェース名をご記入ください。)
  • root、Administratorなど管理者権限パスワード 
    (本項目は、セキュリティーが心配な場合は電話またはFAXでの別途送信でも結構です。あるいはメモして返送される製品に添付して頂くか、もしくは弊社出荷時のものにご変更してくださるようにお願いします。本対応がなされてない場合は勝手ながらrootパスワードを弊社出荷時のものに変更させていただきます。)
  • 障害の発生時期 
    (実際に障害が発生した日時が不明な場合は、気づかれた日時をご記入ください。)
  • 障害の発生頻度、再現性の有無
  • 障害の内容 
    (エラーログなど詳細な情報があれば添付をお願いします。)
  • 修理ご依頼事項 
    (ディスク交換の可否、代替品への交換の可否、修理実行前の修理費用見積等、修理内容をご判断される条件などをご記入ください。)
  • その他 
    (梱包箱の御相談など、何でも弊社へのご要望をご記入ください。)
  • 新たな作業依頼事項 
    (修理に際してディスク交換、OSアップグレード等、新たな作業依頼事項がある場合には、ご依頼事項に関して別途お見積もりを行い、ご承諾後作業を行うことができます)。 

技術的なご質問や、保守サービス(修理)のお問い合わせは弊社のオンラインサポートにて受付けております。



2.製品を弊社の保守サービスセンター宛てに発送
製品を弊社の保守サービスセンター宛てにお送りください 

送付先: 〒289-3181 千葉県匝瑳市野手174-1
HPCシステムズ(株) 保守サービスセンター 
TEL:0479-67-1101(宅配伝票記入用) FAX:0479-67-5801

※電話番号は、製品をお送りいただく際の宅配伝票記入用です。保守(修理)に関するお問い合わせ窓口ではありません。保守(修理)についてのお問い合わせは、弊社オンラインサポートまでご連絡ください。 
※製品をお送りいただく前に、『保守を依頼される場合の注意点』をお読みください。 
※梱包材を紛失されてしまった場合、梱包材のみ販売しております。オンラインサポートまでお問合わせください。



3.お見積り・保守作業

無償保証期間内は、無償にて製品の保守作業を実施します。無保証期間を超えた有償修理の場合、保守作業の前にお見積り書を発行させていただきます。お見積り書確認後、保守作業を中止することも可能です。 保守作業を中止しても、先に基本作業をおこなっている場合は、基本作業料を請求いたします。



4.製品をお客様に返却

保守作業の完了した製品をお客様に返却いたします。
※保守作業の内容により、作業時間には数日から数週間かかる場合がございます。 
※生産終了などの理由により、交換パーツの入手が困難な場合、同等機能を維持できる代替品を 準備させていただく場合がございます。 
※お客様からご連絡いただいた不具合症状が再現されない場合は、保守(修理)作業をおこなわず、そのまま返却させていただく場合があります。 
※土、日曜日、祝日、年末年始は、休日とさせていただきます。



センドバック保守サービス実施地区

日本国内 ※海外からのセンドバック保守サービスは基本的に実施しておりません。ご相談ください。



センドバック保守サービス対象製品

  • 弊社システム製品(クラスター/サーバー/ワークステーション/PC/Network製品)。
  • 弊社が販売した他社システム製品(弊社で設定したOS・アプリケーション・各種設定部分での保守作業)。
  • 弊社より販売した部品・パーツ類(※)。 
    ※一部の製品については、センドバック保守サービスの対象外となります。詳しくは製品の保証書をご覧ください。 
    ※部品・パーツ類は、その製造メーカー・販売代理店等での修理となります。また、販売から1年以上経過した部品・パーツ類については、その製造メーカー・販売代理店の保証期間内であっても、弊社規定のメーカー修理管理費が発生いたします。詳しくは、オンラインサポートまでお問い合わせください。 

保守(修理)料金について

保守(修理)料金は、作業料+部品代の合計となります。 
また、システム製品に組み込まれている部品のメーカー修理が必要になった場合は、別途部品メーカーでの『部品修理料金』と『メーカー修理管理費』が発生いたします。

保守(修理)料金は、ご購入いただいた製品により異なります。 
詳しくは、オンラインサポートまでお問い合わせください。



送料について

製品を弊社保守サービスセンターにお送りいただく際の送料は、基本的にお客様ご負担となります。 
保守作業終了後に返却する際の送料は、弊社負担とさせていただきます。

お客様→保守サービスセンター 送料はお客様負担
お客様←保守サービスセンター 送料は弊社負担