産業用PC / 業務用タブレット
エッジコンピューティング

ディープラーニング

HPCS EAS-U1 Edge AI Server – Uniprocessor Gen1

現場でAIを活用する為の機能を2U(奥行45cm)のコンパクトな筐体に集約

HPCS EAS-U1
  • 最大24コア48スレッドのCPU搭載
  • 2.5” SAS/SATA HDD or SSDを最大6台まで搭載可能
  • 2スロット占有型GPUカードを搭載可能
  • I/Oアクセスや配線作業が容易なフロントアクセス筐体
  • 他のPCからWebブラウザ上でサーバーの各種管理が可能
  • PCI-Express外部拡張デバイス (オプション)
  • BMPファイル圧縮ソフトウェア (オプション)


製品特長

GPUカード (オプション)

NVIDIA® RTX™ A4500
グラフィックスプロセッサ

● CUDAコア : 7168コア
● NVIDIA Tensor コア : 224コア
● NVIDIA RTコア : 56コア
● メモリ : 20GB GDDR6

NVIDIA® RTX™ A2000
グラフィックスプロセッサ

● CUDAコア : 3328コア
● NVIDIA Tensor コア : 104コア
● NVIDIA RTコア : 26コア
● メモリ : 12GB GDDR6


NVIDIA® RTX™ A5500 / 6000を使用の際はPCIe外部拡張デバイスの利用をご検討ください。

PCI-Express外部拡張デバイス (オプション)

NetStor NA265A

● 4Uラックマウントタイプ PCI-Express Gen3 x16レーンを4スロット搭載
● ホスト(サーバー)とは PCI-Express Gen3 x16通信ケーブルで接続
● 特殊なドライバは不要
   (OSからはサーバー側のPCI-Expressと同じように認識されます)

※搭載された全デバイスでPCI-Express Gen3 x16帯域を共用
※タワータイプ(NA255A)もあり

弊社評価(PFN Visual Inspection / NVIDIA® RTX™ A4000を用いた学習)はサーバー本体に搭載した場合と学習時間は同等でした。
※AI学習の特性(データ転送頻度は少なめ)から大規模学習などを除いて通信速度が大きなボトルネックにはならないケースがほとんどです。

BMPファイル圧縮ソフトウェア (オプション)

金属製品や端子などのワークが小さいものや、細かな異常をAIにより検知したいケースでは、学習で使用するための画像データは異常箇所が鮮明な非圧縮データ(BMP形式など)が望ましい。
しかし、高画素カメラを利用すると非圧縮データの容量が大きく大量保存には大容量のストレージが必要となってしまう。

画像を用いたAI学習にはある程度の画像ファイル数が必要なため上記の課題が生じるケースが多いのですが、これらを解決するためにカタナ・コーポレーション様のCVC Imageライブラリにより可逆圧縮を行い、最大で3分の1程度までデータ容量を圧縮し保存/復元するソフトウェアを用意しています。

データ保存やバックアップ時には圧縮し、保存や学習時にはBMPファイルに復元することが可能です。

仕 様

SKU EAS-U1-S12M32 EAS-U1-S12M64
CPU プロセッサー インテル® Xeon® Silver 4214R プロセッサー
動作周波数 2.40 GHz upto 3.50 GHz
コア数/スレッド数 12コア/24スレッド
キャッシュ L3 16.5MB
チップセット インテル® C621 Express チップセット
メモリ 容量 32GB 64GB
規格 DDR4-2400 Registered DIMM
ECC ECC有り
表示機能 グラフィックス
コントローラー
Aspeed® AST2500 2D Video Graphics Adapter 
アナログVGA
最大解像度/表示色
1920×1200@60Hz :1,677万色
補助記憶装置 SATA / SAS HDD
SATA / SAS SSD 2.5″ 480GB SATA ×1
M.2 SATA /
NvME SSD
ディスクベイ 2.5″ SAS/SATA HDD or SSD 空き5
RAID機能 インテル® Virtual RAID on CPU (SATA) (ノンインテリジェントRAID 0/1/10)
TPM TPM2.0対応
PCI-Express Gen3 x 16 レーン : 2スロット (デュアルスロット対応x1、シングルスロットx1)
I/O ディスプレイ アナログVGA (D-SUB 15pin) : 1
LAN 2ポート(RJ45)
インテル® イーサネット・コントローラー I210-AT
MLAN 1ポート(RJ45)
Aspeed® AST2500 management controller
USB USB 3.0 : 5 (前面)
シリアル RS-232C : 1
BMC システム監視 電圧・温度・ファン回転数、電源投入/切断・リセット、各種センサー監視 など
システム制御 HTML5 KVM、ファン回転数制御、電源投入/切断・リセット、シリアルオーバーLAN など
リモート機能 AMI MegaRAC SP-X Webインターフェース
電源ユニット AC100-240V入力
800W 80 PLUS Platinumリダンダント電源
最大消費電力 200W
動作周囲環境温度 / 湿度 10-35℃ / 8-80%(但し結露なきこと)
OSサポート Microsoft Windows 10  64bit (Professional、IoT Enterprise)
Microsoft Windows Server 2019 (Standard, Enterprise)
Ubuntu 18.04 LTS (x64)
Ubuntu 20.04 LTS (x64)
質量 約17.0 kg ※スライドレール含まず
外形寸法 2Uラックマウント 439mm × 86mm × 449mm (W×H×D)
※突起物、スライドレール含まず
保証 1年間センドバック



上記SKU外の仕様(CPU、メモリ容量、補助記憶装置の変更)も承ります。下記までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

お客様に最適な製品をご提案いたします。まずはお気軽にお問い合わせください。

03-5446-5539(月曜日~金曜日 9:00 ~ 18:00)

会社名及び製品名は、当社及び各社の商標または登録商標です。価格、写真、仕様等は予告なく変更する場合があります。製品の色調は実際と異なる場合があり ます。Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Centrino、Centrino Inside、Intel Viiv、Intel Viiv ロゴ、Intel vPro、 Intel vPro ロゴ、Celeron、Celeron Inside、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Viiv Inside、vPro Inside、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国およびその他の国における Intel Corporationの商標です。AMD、AMD Radeon™、Radeon™は、Advanced Micro Devices,Incの商標です。Microsoft 、Windows は、米国Microsoft Corporation の米国及びその他の国における商標または登録商標です。